優待を狙う株式投資

株主投資での利益を目指すやり方の一つとして株主優待があります。
株主優待自体はそのサービスを優先的に利用できたりとかお得に利用できたりというようなことがメインになりますが、カタログギフトであることもありますし、クオカードであたりすることもあります。
全く別に作っているわけではないのにも関わらずお米などが優待として出されるなんてこともあったりします。
こういう株式投資をするときには気をつけなければならないこととしてあるのが今後もずっと維持されるのかどうか、というのはわからないという点でしょう。
つまりは、株主優待とか配当金というのをもらって定期的に利益を出していこうということは良いのですが、それが何年も何年も続くということが確定的ではないということになるわけです。それこそが、こうした投資のリスクの一つとしてあるので注意しておきましょう。
株主優待に関して言えば配当金を出しているわけではないので特に自社のサービスとか商品を出しているところがそうそうやめることは多くはないです。
ですがやはり絶対ではないですが、それでも配当金をもらったりとか優待を狙ってやるというタイプのものはかなり人気があります。
配当金などを狙う場合は特に注意しなければならないことが多いです。正しいやり方としてはとにかく高い配当をだしているとかそういうところを見るのではなく、あくまで安定的に将来性を期待できるというような会社を選ぶようにするということが失敗しないコツとなるでしょう。
まず、そもそも配当金を多めに出すことによって株価を維持していたりする場合もあったりするので、そうした銘柄には手を出さないようにすることが必須であるといえるでしょう。
それと配当金狙いでやるときにはそうでもないですが、優待の場合はしっかりとした株主優待の内容を把握して保有株数を確認しなければならないことを理解しておきましょう。
具体的にどういう意味なのかといいますと例えば100株の場合は優待を一つ、300株の場合は二つみたいなことをやっていることがあるのですがこれはよく見ればわかりますが株主優待の内容が保有枚数に比例して優遇されているわけではないとも言えます。
多く持てば、多くの優待をもらいているというのは間違いないのですが例えば前述の例であれば家族で株式口座を持って、その銘柄を100株ずつ3人で持った方が多くの株主優待をもらえるというような形になります。
これが意外と失敗というほどのことではないのですがより効率的にやることができるのにできていない人が多い、株主優待狙いのやり方になります。